やたぽーの豆知識

趣味を見つけたいあなたに読んでほしい雑記ブログ!

「24時間」を有効に使う方法とは!?

第一弾「24時間の使い方」

 

こんにちは、こんばんは。
やたぽーです。

 

今回はやたぽーの心の中をブログに表現してみました。

 

少し哲学っぽい話ですが、今後生きるうえで役に立つ...かもしれません。

 

この記事を読みながら「24時間」の使い方を一緒に考えましょう!

 

 

24時間は平等!?

1日は24時間であり、これは世界中の全員が平等に与えられています。

 

しかし、その使い方は人それぞれであり、100人いれば100通りの使い方があります。

誰一人として、自分と同じ使い方をする人はいません。

 

これは、24時間という時間は同じでも、24時間という価値は人によって大きく異なるということです。

 

ここまで読んで、何言ってんだろうと思うかもしれませんが、もう少しお付き合いください。

 

時間の価値

時間の価値ということを考えると、

 

例えば、

80個のパーツを組み合わせて1つの製品になり、その製品の価格が1万円だと仮定します。

 

Aさんは1時間で10個のパーツを組み合わせることができます。

一方、Bさんは1時間で40個のパーツを組み合わせることができます。

 

⇒つまり、Aさんは8時間で1万円を、Bさんは2時間で1万円を稼ぐことができます。

⇒1日8時間働くと、Aさんは1日1万円、Bさんは1日4万円になります。

⇒1年間200日働くと、Aさんは1年200万円Bさんは1年800万円になります。

 

単純に考えると、Bさんの時間の価値は、Aさんの時間の価値の4倍になります。

 

では、AさんがBさんに追いつくためには、4倍の時間を使うか、効率を4倍にするか、いずれにしても相当な努力が必要になるでしょう。

 

さて、タイトルの質問に戻りますが、あなたは「24時間」をどのように使いますか?

 

24時間の使い方

世の中は、常に進化し続けていて、1ヶ月、1年、という短いスパンで次々と新しものが登場しては、古いものが廃れていきます。

 

考え方を変えれば、「24時間」の使い方次第で、自分の人生を、プラスにも、マイナスにも変えることができる世の中です。

 

人生をプラスに変えるには、努力が必要です。

 

しかし、努力をした人の方が時間の価値が高いかと言われれば、そうとも限りません。

(もちろん、努力をすれば効率が上がり、時間の価値は上がります。)

筆者は、時間の使い方が上手な人が、時間の価値が高くなる傾向にあると考えています。

 

時間の使い方が上手な人ってどんな人なのでしょうか。

それは、好きなことをしている人ではないでしょうか。

 

嫌いなことはいくら努力しても、なかなか成果はでませんよね。

でも、好きなことなら頑張れるし、成果にも結びつきやすいですよね。

(好きなことであっても、簡単には成果に結びつきませんが...)

 

「好きなことをより楽しく」

「好きなことを好きなだけできる仕事をしたい」

これは筆者の理想です。

 

そんなの理想に過ぎないと思うかもしれません。

確かにそうかもしれません。

結局、現実になるかどうかは自分次第です。

 

先程、「24時間」の使い方次第で、自分の人生を、プラスにも、マイナスにも変えることができると言いました。

 

さて、もう一度問いかけます。

あなたは「24時間」をどのように使いますか?

 

 

この記事が読んだ方の役に立っていれば幸いです。

 ※この記事に記載したことは全て筆者独自の考え方です。

※考え方は人それぞれ違うため、賛否両論あると思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

やたぽー  #5